これからアパート経営を始めてみたいという人もそうなのですが、アパート経営に興味がある私サイト管理人のメモ帳としてコチラのサイトを運営していきたいと思います。

アパートを一棟購入するなら都内と地方のどちらが良いのか

アパート経営をスタートする形もさまざまあるでしょう。土地を購入し、アパートを建てるという方もいらっしゃいますがそればかりではなく、アパート一棟を購入すると言う方もまたいらっしゃることでしょう。そこで、今回は一棟を購入する場合に都内と地方ではどちらが得なのかを中心に考えていきましょう。

■それぞれに良いところがある都内と地方
まず、資産価値としては都内のアパートが高いといえるでしょう。しかし、それがアパート経営が上手くいくかどうかを決定付けるものではありません。「収益性」というものも充分に考慮する必要があるのです。収益性ということを考えると、地方都市でアパート経営をすることのほうが良いともいわれているのです。

空室を作りにくい環境などにおいては都内のほうがその可能性は高くなりますし、必ずしもそのどちらが良いかというのは言い切れないということになるのです。それぞれにあったアパート経営スタイルを目指していきましょう。

■複数アパート経営をすること
また、中には1つのアパートを集中的に管理していくか・複数経営するかについて迷っている方もいるかもしれません。自己資金を分散して、複数経営することはリスクを減らすことにもつながる可能性が充分にあります。ですから、決して悪いことではないのです。

■土地の広さについて
アパートの土地そのものについてですが広すぎてしまうと売ろうと思ったときにスムーズに進みにくいという事も考えられますので、流通性の高い大きさのものを購入されることをおすすめします。

■自らのアパート経営をしっかり考えること
今回は、都内と地方という部分に焦点をあてていきました。まずは、自らの目的意識を改めて考えてそれに添ったものを取り入れていくよう心がけてください。

◆首都圏で土地を購入することにメリットはあるのか
アパート経営をしたいという方で土地・物件を探していると言う場合もあるでしょう。そのような際「どこに土地を購入するのか」ということがポイントとなってくるのではないでしょうか。アパート経営は「事業」の1つとなるものですから、場所選びは慎重に行いたいものです。

そこで、今回は「首都圏に土地を購入する」ということについて考えてみましょう。アパート経営は成り立つでしょうか。

■首都圏でアパート経営をするメリット
メリットとして考えられるのはやはり、人口が多い分、高い需要が望めるというところにあるかと思います。もちろん、ニーズに応えたアパート経営というものが求められますが、条件としては空室を作りにくいともいえるのです。ですから、メリットは充分にあると考えられるでしょう。

アパートを一棟購入するなら都内と地方のどちらが良いのか

■収益性について
地方と比較をすると高い家賃料金であると言う傾向が首都圏にあります。しかしながら、土地を買うということを踏まえると首都圏の場合は土地が高いのでその点を含めて考えると、総合的には若干収益性が落ちてしまうこともあるようです。

■ローンとアパート経営
収益性は落ちるといっても採算は充分にあるでしょう。ローン完済後は、資産価値が高い土地が残ると言うのが首都圏でアパート経営を行う魅力の1つなのです。それは、大きな強みとなってくれるのではないでしょうか。

■首都圏で土地を購入するという事
今回は、首都圏で土地を購入しアパート経営をするという事について考えていきました。初動の資金はあるていど必要になるものの、収益性はあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。首都圏といっても、さまざまな立地条件がありますので、それらをじっくりと吟味して決めていきましょう。

最新投稿

  • アパート経営は保険加入が必須なのかについて

    アパート経営というとどうしても土地や家賃料金・ニーズといったものに焦点を向けがちです。 実際にこれらは、経営をしていくうえにおいて重要な部分でもあるでしょう。 しかし、考えるべきことはさまざまあるのです。 例えば「保険」 …