アパート経営は保険加入が必須なのかについて

握手をする手

アパート経営というとどうしても土地や家賃料金・ニーズといったものに焦点を向けがちです。実際にこれらは、経営をしていくうえにおいて重要な部分でもあるでしょう。

しかし、考えるべきことはさまざまあるのです。例えば「保険」です。経営者となり上手く進めていくためには、保険のことも考えておきたいところです。

■オーナーとして検討する保険類について
まずはアパート経営をしていく上においての保険の種類について見ておきましょう。細かなものなどもさまざまありますが、火災保険・住宅総合保険・地震保険などがこれにあたります。

■保険に加入する必要があるのかどうか
答えからいえば、保険加入そのものは「任意」となっています。ですから、保険加入をしなければ法律に抵触するなどといった心配は全くありません。

ただし、ローンを組んでいるという方の場合は、金融機関によって必須と定められていることもあります。今一度、契約内容を確認してみてください。

■任意でも入っておいたほうが良い
しかしながら、任意とはいえどもイザというときの対応のため・総合的なリスクを減らすためにも加入していただくことをおすすめしたいと思います。

自ら1から保険を探すのが大変だという声もあるかもしれませんが、不動産会社などにおいては大手保険会社と提携をしているというところもあり、紹介をお願いすることも可能なのです。

安心した環境を整えるためにも認識しておきましょう。

■快適なアパート経営環境をつくる
「備え」という意味合いにおいても大切ですし、自らの経営をより安心感のあるものにしてくれるという事もいえるでしょう。

経営をしていく中で、こうした部分についても熟考されることをおすすめしたいと思います。