アパート経営を投資として活用する場合の利回りとはどうのようなものになるのでしょうか

アパート経営を中には「投資の1つ」として取り入れている方もいらっしゃるでしょう。資産を運用するという方法の1つにアパート経営がありますので、実際に検討されている方もまた多いようです。

そこで、今回は「利回り」という部分に着目をしてみましょう。果たして、投資・運用をしていくうえにおいてアパート経営は向いているのでしょうか。

■前提として覚えておきたいこと
まず、利回りについてですが当然ながら地域や物件によって多少の差が出てきます。この部分をまずは把握した上で検討していきましょう。

自らがアパート経営をしたい場所などと照らし合わせることが大切です。

■具体的な利回りについて
不動産会社によっては、平均した表面利回りが7%~9%前後で提案しているものもあるでしょう。ローンを完済した後には土地という確実性の高い「資産」が残るのも大きなメリットといえるでしょう。

このことから、銀行預金や投資信託と比較をすると有利な投資であると考えることができるのではないでしょうか。

■経営者としての意識を持つことも大切
投資として考えても充分に役立てることができるアパート経営ですが、やはりそれだけの意識はおすすめできません。実際に「入居者」という存在がいる以上は、利回りだけ高ければよいという事では済まされないのです。

もちろん、収益を出すことは大切ではありますが、トータル的な目線でアパート経営を捉えていきましょう。

■セミナーなどにも参加をしてみよう
アパート経営を投資と捉えたセミナーなどが各不動産会社で実施開催しているという事もあります。こうしたものへ積極的に参加をしてその知識を養っていくとよいでしょう。

もちろん、個人的に不動産会社へ相談に行かれるのも良いでしょう。